読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我が家は散らかりにくく掃除しやすい家

2015年7月末から新築で住み始めた我が家。散らかりにくく、掃除しやすい工夫を紹介していきます。

ごみ箱を選ぶ基準

ストレスのない暮らし

スポンサーリンク

f:id:yanebon:20150926192110j:plain

 

 我が家は新築の際にごみ箱を買い直しました。

 

ruclaire(ルクレール)の白いごみ箱です。

 

 

このごみ箱を選んだ理由の一つに、

写真の40号というサイズのレジ袋がぴったり使えるということがあります。

 

 

 

以前アパート暮らしをしていた時は、

ニトリで購入したこちらのごみ箱を使っていました。(写真右)

 

f:id:yanebon:20150926193238j:plain

 

大きさはあまり変わらないのですが、

この形のごみ箱では40号のレジ袋を使うことができません。

 

f:id:yanebon:20150926193458j:plain

このように口が大きいため、ちゃんと被せることができません。

 

 

40号のレジ袋は、私が買い物の際にもらうことが多いサイズです。

 

以前のごみ箱だと、これより大きいレジ袋でないと被せることができません。

 

 

写真では買って来たレジ袋を使っていますが、

買い物の際にもらったレジ袋も使っています。

 

 

 

もらったレジ袋はもったいないので捨てません。

だけど収納に場所を取るのは嫌なので、すぐにごみ箱用に使っています。

 

 

 

もちろん、色、素材、大きさ、デザイン等もごみ箱を選ぶ際には考慮しています。

 

その中でも、40号のレジ袋が使えるということが

私の中で判断基準の上位にあったので、今回紹介してみました。

 

 

実はもう1つ、同じくらい上位にきている基準があります。

次の記事で紹介します。