読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我が家は散らかりにくく掃除しやすい家

2015年7月末から新築で住み始めた我が家。散らかりにくく、掃除しやすい工夫を紹介していきます。

洗濯のストレスを解消する間取り・収納

新築 間取り 造り付け家具

スポンサーリンク

新築の我が家の間取りと収納を考えた際、重要視したのは、

1日のほとんどを1階で過ごせるようにすることでした。

 

 

 

娘もまだ小さいので目が離せません。

1階にいて且つ、スムーズに家事ができる動線を考えました。

 

 

 

  1. 洗濯→干す→しまう
  2. お風呂に入る準備
  3. 着替え

 

 

これらをストレスなくするために考えた間取りを紹介します。

 

今回は1の洗濯→干す→しまうについてです。

 

 

洗面脱衣室の写真です。

 

f:id:yanebon:20150907125653j:plain

f:id:yanebon:20150907125647j:plain

 

f:id:yanebon:20150907125638j:plain

 

このように、リビングからも廊下からも入れる洗面脱衣室に、

連続してバスルームとファミリークロークがあります。

 

 

 

洗面脱衣室では洗濯物も干せます。

 

 

洗濯→干す→しまう、がこのスペースで完了します。

 

 

 

ちなみにこの洗面脱衣室とは別に、1階に外付けのサンルームがあります。

後々紹介したいと思います。

 

 

 

洗面脱衣室に造り付けられているカウンターに洗濯かごを置いて洗濯物を干すと、

いちいち屈むことがないのでとても楽です。

 

 

 

このためにもカウンターには物を置いておきたくないですね。

 

カウンターに関する記事はこちらです。

洗濯かごと体重計の置き場 - 我が家は散らかりにくく掃除しやすい家

ヘアアイロンとドライヤーの収納 - 我が家は散らかりにくく掃除しやすい家

 

 

 

リビング(キッチンの奥)から入れるようにしたのも、

家事を狭い範囲で終わらせるための工夫です。

 

 

 

 

次の記事では2.お風呂に入る準備について紹介します。