読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我が家は散らかりにくく掃除しやすい家

2015年7月末から新築で住み始めた我が家。散らかりにくく、掃除しやすい工夫を紹介していきます。

バルミューダの電気ケトルを使ってみた感想

ストレスのない暮らし

スポンサーリンク

f:id:yanebon:20170108213105j:plain

年末に注文し、楽しみに待っていたものが届きました!

 

 

f:id:yanebon:20170108213225j:plain

バルミューダの電気ケトル(ホワイト)です!

 

 我が家では毎日コーヒーを飲みます。

 

 

最近は一杯抽出型のドリップコーヒーを飲むことが多いです。

 

 

 

手軽さで言えばネスカフェバリスタがいいのですが、

美味しさで言えばコーヒーメーカーを使ったドリップコーヒー…

 

 

 

一杯抽出型のドリップコーヒーは間を取った形です。

 

 

 

 

 

「毎日使うものはいいものを!」

 

 

 

 

このモットー(?)のもと、バルミューダの電気ケトルの購入を決めました。

(最近、ものを買ったレビューの記事が多いですが…)

 

 

f:id:yanebon:20170108213225j:plain

とにかく、色・形ともに美しいです。

そしてコーヒーを入れるのに適した注ぎ口。

握りやすいハンドル。

 

 

f:id:yanebon:20170108214325j:plain

コードは裏面に収納できるので長さを調整できます。

 

 

f:id:yanebon:20170108214426j:plain

お湯を沸かしているときはライトが光ります。

出しゃばらない、控え目な明かりがおしゃれです。

 

 

 

容量は600mlと少な目に感じますが、実際は充分です。

 

 

我が家でよく飲むコーヒーは一杯140mlのお湯で作ります。

2人分でも240mlなので一回で沸かせます。

 

 

 

 

 

1つ気になるとしたら、お湯を沸かしたあとの本体が結構熱いです。

 

 

前に使っていた電気ケトルは熱いものの、触っていられる程度です。

バルミューダの電気ケトルはすぐに離したくなる熱さです。

 

 

 

取扱説明書にも本体が熱くなることが注意書きされていました。

 

うっかり本体を持って移動させないよう注意したいと思います。

 

 

 

総合的に見るとやっぱりステキです。

インテリアにも馴染むし、コンパクトで無駄がありません。

 

 

 

これはお客さんにコーヒーを出す時も、

あえて目の前で注いで自慢したくなります(笑)

 

 

明日もコーヒータイムが楽しみです。