読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我が家は散らかりにくく掃除しやすい家

2015年7月末から新築で住み始めた我が家。散らかりにくく、掃除しやすい工夫を紹介していきます。

フローリングに傷が付かないダイニングチェアのメンテナンス

スポンサーリンク

f:id:yanebon:20161113205301j:plain

我が家のダイニングチェアの脚の裏には、もともとフェルトが貼ってあり、

フローリングに傷が付かない工夫がされていました。

 

 

フェルトは脚の裏だけなので、普段は見えないのでスッキリしている点が気に入っています。

 

しかし使っているうちに、そのフェルトにホコリや髪の毛が付いてきました。

ひっくり返さなくても引きずっているホコリが見えるようになり、気になりました。

f:id:yanebon:20161113210543j:plain

 

他のチェアは少しフェルトがずれてしまったものもあり、

これではこのまま使っているわけにはいかないと判断しました。

 

 

 

そこで、100円ショップのダイソーでこちらを購入してきました。

f:id:yanebon:20161113212050j:plain

「シールフェルト」です。

 

もともと付いていたフェルトもシールで付いていたので、

代用できる商品が100円ショップに売っていた記憶を頼りに探すとやはりありました。

 

 

f:id:yanebon:20161113212332j:plain

 

裏は方眼が付いていたので線に沿って切るだけなので簡単でした。

 

 

元のフェルトを剥がして、新しいフェルトを貼りました。

f:id:yanebon:20161113212508j:plain

こんな感じに仕上がりました。

 

 

本当は元のフェルトと同じく黒っぽいものがほしかったのですが、売っておらず、

どうせ見えないからということで茶色のものにしました。

 

 

 

元のフェルトに比べると厚みがなかったので、もしかすると使っているうちに

すり減ってくるかもしれません。

 

 

フェルトはまだまだ残っているので、ホコリが付き始めたらすり減る前に

惜しまず替えていこうと思います。

 

 

 

引きずっていたホコリはなくなり、ダイニングチェアの滑りもよくなり、

思い切って替えて本当によかったです。

 

 

これで気持ちよく食事をとることができます。